これからの子供たちに必要なこと!

    先日、オーストリアとドイツへ留学して帰国した友人の報告会に参加してきました。

    社会人になってから、新たなプログラムに挑戦した彼女。参加した経緯、プログラムの内容、などなど、率直に彼女の意見を交え、たくさんの写真を紹介しながらお話してくれました。様々な国籍を持つクラスメイトの中で、語学の壁はもちろん、文化の違い、考え方や働き方の違い・・・ 2年間のプログラムの中で目の前に与えられた課題は、レポートも含め、相当なものであったと、報告の様子から感じました。でも、それを乗り越えて帰国した彼女は、やってきたことへの自信とこれからの新しい目標を胸に、前にも増して、輝いてみえました!

    報告の最後の質問タイム、彼女に「今の子供達が海外でやっていくために、どんなことを学ぶことが必要でしょうか?」と尋ねてみました。彼女の答えは「もっと自由に発言する機会を与え、発言させること」。たくさんのクラスメイトがいる学校や習い事の教室では、時間制限もあることから、なかなか自分の順番がまわってこない、なんてお子さんもおられるのではないでしょうか?

    レッスンの中では、英語に限らず、発言の機会があっても、なかなか自分の言葉に出来ないお子さんもおります。もちろん、性格にもよるとは思いますが、この友人の話から考えると、英語力はもちろんのこと、「自分の考えを自分のことばで伝える力」は、これから世界へ羽ばたき、いろいろな国籍の人々とコミュニケーションをとっていく子供達にとっては必須な技能かと思います。学校でもアクティブラーニングが取り入れられる中、“発表できる力”を身につけていくことに力を入れているようです。

    Azooのレッスンでは、Basic(初級)/Junior(中級)での基本練習はもちろん、その後Senior(上級)で設けているSharing(自分のことを話してみよう!)では、これまでの基礎を使って、『センテンスをいくつも使って自分のことを伝える時間』を設けています。もちろん、この時間以外でも、レッスンの様々な場面で、新たな単語や表現を覚えつつ、既習内容を使って会話をすることを常に意識しています。だからこそ、家庭学習では、教材を使って新しい単語を覚え、レッスンでは「使える英語」にしていくよう、毎週のレッスンで子供達へ意識づけしているのです。

    ご家庭でもニュースやインターネットなど、子どもたちが話しやすい簡単なテーマを設けて、自分の意見や考えを伝える練習をする機会を作ってみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. One Night Christmas Camp in ハウ…

    2. 英検体験記!

    3. ニュージーランド ホームステイ LIVE♪

    4. クイズに挑戦!!(Paるるん No.121)

    5. ポイント賞品一覧