会社概要個人情報保護方針よくある質問サイトマップ

幼児英会話Q&A

子供への教え方・接し方 | 英語を嫌がる子供への接し方英語教育の環境について子供の英語学習法国際化時代の教育について

【英語教育の環境について】

Q1.英語も大切だけど、正しい日本語も大事ですよね。日本語の力は自然と身に付きますか?

バイリンガルの親が、2種類以上の言語(例えば英語と日本語)で子供達に接している場合、接触する機会の多い言語の語彙を早く覚えるようですが、長い目で見ると、ほとんど同時に2種類の言語を使えるようになるようです。日本で生活している場合、きちんとした日本語(国語)を親から、友達から、授業から自然と学習して、日常使っているわけですから、問題はありません。

Q2.ただ「楽しい」だけでなく、「力」を付けてほしい英会話。教室選びの最重要ポイントは?

力を付けていくには、何といっても系統立てられたカリキュラムが大切になってきます。その教室に系統立てられたカリキュラムが存在し、到達していく目標が設定されているかどうかが、一番重要なポイントになります。

Q3.小学生になって環境が変わっても、英語好きな子供でいてもらうには?

小学生になってからも、可能な限り、英語に接する環境を多く作ってあげることが大切です。また、英語に反応を示す場合には、必ずほめてあげて下さい。子供達が日常よく使っている表現(日本語)を、英語では何というのかなどを教えていくことで、興味のある「語彙」が自然と増加し、更に英語を楽しく感じることでしょう。

Q4.ネイティブ(アメリカ人など)と話す機会がありません。子供は英語に興味を持ち続けてくれるでしょうか?

ネイティブスピーカーと話すことは自分の英語力を試す絶好の機会です。自信を付けさせるためにも、ネイティブと接する機会は重要ですが、子供達の「英語に対する興味」を持続させるために、ネイティブに接する機会が必要とは、必ずしも言えないと思います。生の英語に触れ、英語の興味を持続する方法は、ネイティブと直接話しをする以外に、ラジオやテレビを利用する,ビデオ・映画を見る,教材を勉強するなど、他にも存在します。

Q5.私以外の家族は、幼児英語教育に関心がありません。周りの理解はどうしたら得られますか?

よくある話です。お母さんだけが熱心というご家庭が多いと思いますが、まずは自分の情熱で、子供達が英語に興味を持つように動機付けをしていく ことが必要です。3〜4才頃から始めると、英語の微妙なイントネーションやリズムを上手に身に付けることができます。そうすると、子供の美しい英語に(イントネーション,リズム,発音)を聞いて、周りの方も感心され、自然と理解を得られるようです。

Q6.日本語しか話せない親元で、子供をバイリンガルに育てられますか?

何といっても、英語に触れている時間的な量(絶対量)が大切になってきます。本物の英語をたくさん聞いたり、たくさん読んだり、英語を使っていることが非常に大切です。日本語より英語の方が上手になるには、英語に触れている量が日本語よりも多くなる場合に限られますが、英語が母国語でない以上、なかなか難しいのが現実です。しかし、英語に接する絶対量を増やす努力を怠らなければ、確実にバイリンガルに近づけます。

Q7.日本語もよく分からない幼い頃から英会話を習い始めて、何か悪い影響はありませんか?

日本語が自然に身に付いていく環境の下で、英語を週に数回、各数時間程度教わるだけであれば、日本語に悪影響を与えることは決してありません。幼児期の環境によっては、数ヶ国語を操れる子供(マルチリンガル)に育つという話をよく聞きます。それだけ子供の能力は無限大ということです。少しでも早く、英語や他の外国語の自然な音の流れに接する時間を設けてあげることが、より早く外国語を習得していく大きな助けになります。


ページのトップへ

【子供の英語学習法】

Q1.コミュニケーションが上手にできる英語力を子供に身に付けさせたい。どうしたらいいですか?

コミュニケーションするということは、まず、自分の英語が相手に通じることが必要になります。それには、単語や文型・文法を知っているだけでなく、話し方や使い方を知らなければなりません。たくさんの英語を聞き、話し方・使い方を覚えていきます。覚えた英語を実際に使ってみて、自分の意志が通じたらコミュニケーションが取れたということになります。   「聞く・話す」ことができたら、次のコミュニケーションのステップは英語を「読む・書く」ことです。たくさんの洋書(最初は絵本⇒リーダーへ)に慣れ親しみ、読めた内容を書けるようにもっていくと、バランスのとれた本物のコミュニケーション能力(4技能)を身に付けることができます。

Q2.帰国子女の英語力を保持するためには、どうすればいいでしょうか?

英語圏にいた時は、日常の生活でフルに英語を使っていたわけですが、日本での生活が始まると、たちまち日本語の環境に取り囲まれてしまうため、英語を忘れていってしまいます。ここで身近にあるものを大いに活用することをお薦めします。例えば、テレビ番組をバイリンガル(英語放送)にする、英字新聞や洋書に目を通すなどして、英語への接触量を増やすことが大切になります。また、英会話教室へ通い、レベルの高いクラスに入ることも英語力を保持・向上するために有効でしょう。

Q3.英語を幼児期に学んだ子供と学んでいない子供。大きくなったらどんなところに差が出てきますか?

幼児期に英語を学んだ子供とそうでない子供の差については、次のような点が挙げられます。
@ コミュニケーション能力や表現力に差が出てくる。
A 「新しいこと」を自ら習得しようとする積極的な姿勢が見受けられる。
B 外国人や異文化に対する抵抗感が少ない。
C 多面的な考え方ができるようになる(創造力が付く)。
D 英語独特のリズム,イントネーション,発音が身に付く

Q4.子供が英語を話すようになるには、習い始めてからどれくらいかかるのでしょうか?

英語を話し始める時期には、日本語(母国語)を話し始める時期に個人差があるように、人それぞれです。英語も日本語と同じ言葉ですので、十分なインプット量 (聞く・読む)があって、初めてアウトプット(話す・書く)できるようになります。アウトプットできるようになるまでに、必要なインプット量 には個人差があります。できる限り多く、英語に触れる機会を作ってあげると、予想以上に早く英語を話してくれることでしょう。

ページのトップへ

【国際化時代の教育について】

Q1.総合的学習の時間で行われる「国際理解教育」ってどんなもの?

国際社会の中にあって「いかに生きていくか」、その資質や能力の育成は、これからの学校教育の課題の一つとなり、総合的学習の時間の中で、「国際理解教育」の一環として英会話の授業が始まりました。中央教育審議会第一次答申は次のように述べています。
・ 広い視野を持ち、異文化を理解すると共に、これを尊重する態度や異なる文化を持った人々と共に生きていく資質や能力の育成を図ること。
・ 国際理解のためにも、日本人として、また個人としての自己の確立を図ること。
・ 国際社会において、相手の立場を尊重しつつ、自分の考えや意志を表現できる基礎的な力を育成する観点から、外国語能力の基礎や表現力などのコミュニケーション能力の育成を図ること。

Q2.幼児期から英語を始めると「アメリカやイギリスなどの英語を話す国や人々が一番」というイメージを子供に植え付けない?

英語を早くから始めると自然とコミュニケーション能力が伸びるために、英語以外の言葉にも興味を示すことがよくあります。コミュニケーションの幅が広がるにつれて、英語圏だけでなく、発展途上国を含む様々な国にも興味を示すようになりますので、「英語圏の国や人が一番いい」というような、俗に言う「外人(アメリカ人やヨーロッパ人)コンプレックス」を抱かなくなるようです。将来的に、一人の人間(日本人)として物事を考えられるようになると言われています。

Q3.都会じゃなくても、国際理解教育は受けられる?

田舎の地域こそ、国際理解に力を入れるべきだと思います。最近では地方でもたくさんの外国人を見かけるようになりました。各地域の国際交流会などを利用し、在住の外国人やALT、インターネットなどを通 して、様々な異文化交流を実施することが必要だと思います。21世紀は世界共存の時代です。是非様々な角度から取り組んでみて下さい。

Q4.小学生にとって、海外体験をさせる一番良い方法と時期はいつ頃ですか?

小学生の海外体験といいますと、やはりホームステイ(現地の家庭で生活し、現地の学校へ通 う方式)が一番安全で確実に異文化体験ができるようです。ホームステイには、自分の意志がある程度伝えられる英語力と、社会性(他人の気持ちを思いやる・我慢できる)が必要です。個人差はあると思いますが、英語を習い始めて数年後、小学校5年生前後がベストではないかと思います。

ページのトップへ